看護学校口コミサイト みんなの看護学校

学校数 833
口コミ数 525

スポンサーリンク

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校

少人数制とマンツーマン指導で未来のエキスパートを育てます

本校は約60年の歴史をもつ看護専門学校です。1学年30人という少人数制のメリットを活かし、学生一人ひとりの個性を尊重したきめ細やかな指導のもと、知識・技術・態度をバランスよく備えた実践力のある看護師の育成を行っています。
とくに臨地実習は、母体である東京山手メディカルセンターでの実習が中心となるため、学習環境は抜群。卒業生の多くが就職して活躍しています。また全国には関連病院や研修センターもあり、地元での再就職やキャリアアップ体制も万全。学生生活を支援する学生寮や奨学金制度があります。
患者さんをはじめ様々な「人」と関わりあいながら自分自身を高めていくことのできる看護の仕事。3年後の「なりたい自分」を目指して、私たちとともに学んでいきませんか?

■定員
 30名(共学)

■学費(2014年4月入学生)
 ・入学金:200,000円
 ・授業料:400,000円
 ・その他:約200,000円(教科書代等)
 ・受験料:20,000円

■倍率(13年)
 ・推薦:3.0倍
 ・社会人:2.6倍
 ・一般一次:2.9倍

学校種別 専修学校・各種学校
住所 東京都新宿区百人町3-22-8
電話番号 03-3364-1565
※お問い合わせの際は「みんなの看護学校」を見ましたとお伝えください。
WEB http://yamate.jcho.go.jp/kango/
アクセス JR山手線「新大久保」駅より徒歩5分

看護科

学部・学科・専攻名 看護科
課程種別 昼間部3年課程
修業年限 3年
目指す資格 看護師

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校の口コミ評価

3件の口コミ
3.8
講義・授業
3.7
教員・講師
3.7
アクセス・立地
4.0
施設・設備
3.3
国家試験
4.3

口コミを書く

ニックネーム*
性別*
男性 女性
学部・学科*
 について
レビュー内容*
 のレビュー
立場*
レビュー見出し*
レビュー詳細*
※口コミは良い点と気になる点の両方を記載してください。
評価*
講義・授業:
教員・講師:
アクセス・立地:
施設・設備:
国家試験:
画像
画像の投稿

※最大5枚までアップロードができます。形式はjpg、またはpng形式のみです。※1画像につき最大500kBまでの画像ファイルをアップロードできます(500kBを超えた画像は自動的に圧縮されます)。※無断で他人の撮影した画像をアップロードすることは著作権侵害にあたります。※人物が移っている写真は必ず本人に掲載許可を取ってください。

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5

特定、不特定に関わらず、他のレビュアーに対しての非難・中傷・嘲笑はご遠慮下さい。
またに具体性が乏しかったり、事実関係の確認が困難な非難・中傷・嘲笑も同様です。
当サイトが悪質だと判断した場合は削除する場合もございますのでご注意下さい。
可能な限り、「他の人が読んで参考になること」を心がけ、具体的に記述するようお願い致します。

並び替え
学校生活

口コミに左右されないで下さい

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校(看護科)
3.8
  • 講義・授業3
  • 教員・講師4
  • アクセス・立地5
  • 施設・設備2
  • 国家試験5

入学前に、このサイトの口コミを見てとても怖くなり 入学したくないとかなり思いました。しかし入学するしかなく入学しました。

とても怖くて何人もの先輩に サイトの口コミは正しいのか、と聞きました。しかし、みな口をそろえるのは、昔は、、今は全然そんなことはない。
なにより、とても厳しい先生が異動になったようです。その先生も厳しいだけでなく、真面目に真剣に教えてくれていたみたいです。
今の学校も決して緩くなく、課題がとても多く 実習の試験も練習をしっかりとしないといけません。しかし、これは確実に身になります。
学校を辞める人が多いと書かれていますが、厳しい先生に耐えられなかった、まず勉強や練習を嫌がっていた人が辞めていきます。そのような人にかぎって、口コミを書きます。卒業している人は十分にいますよ。

私もとても口コミを気にしましたが、来て見たら分かります。

在校生(女性)在校生
学校生活

卒業してわかる学校の素晴らしさ

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校(看護科)
4.4
  • 講義・授業5
  • 教員・講師4
  • アクセス・立地4
  • 施設・設備4
  • 国家試験5

卒業生です。学生時代は大変でしたよ。少人数制ですからマンツーマン。他の看護学校に行った同級生の話を聞いても、当時そう思いました。だから、途中で挫折する人もいます。でも、卒業して附属病院に就職(系列病院など全国規模の大きさにビックリ)専門医療を経験し結婚後青森に移住し子育てもあり9年のブランクを経て地元の病院で再始動、現在は介護支援専門員、多種介護事業の統括管理をしながら、看護師としても地域医療の現場にいます。
社会に出て、医療(病院・地域)の現場はとても厳しいものです。学生時代に学んだ基礎と心折れずに努力したが自分があったから今の自分が在り、本当に先生方に感謝しています。学生時代の3年間は私の誇りです。学校は本気で看護師を育成しています、卒業生は全国で活躍しています。校歌は看護師として今も私の心の指針です。
看護を目指す方、大変ですけど、頑張って下さい。

てんこ(女性)卒業生
学校見学

学校見学会に参加して

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校(看護科)
3.2
  • 講義・授業3
  • 教員・講師3
  • アクセス・立地3
  • 施設・設備4
  • 国家試験3

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校の学校見学会に参加しました。
見学したのは、校舎内の実習施設や図書館などでした。(病院見学はありませんでした。)
学校説明の中で、教員が8人しかいないことや、2年生の半ばで退学者が出るといった(学校見学会では珍しい)ネガティブな部分の内容の話も聞くことができました。が、教員数の少なさを補うための方法や、退学者が出る理由を学校職員の方が自ら話していたので、入学検討者のことを考えた内容であったと思います。
学校の雰囲気は校舎は古い印象ですが、学生の皆さんの印象が良く、廊下や教室で会えば必ず笑顔で挨拶してくださいました。この印象の良さは、他の学校を見学したときと比べても一番良かったと思います。

この学校は、ほとんどの臨地実習を校舎からすぐ近い附属病院で行います。(他の学校では、実習病院がいくつにも分かれていますが、この学校ではほとんどの実習が一つの病院で行われいています。)

muse(男性)入学検討者